実は、コスプレのイベントは近年目覚しく増加し、ほとんど年中開催されていると言っても過言ではありません。桜の景勝地としても有名な2会場での和コスは優美の一言です。 こういった有名セクシー女優に出会えるのもサンクプロジェクトの魅力。毎月第2金曜日は「サンクプロジェクト×ソフマップコスプレ大撮影会」の日です。

《生化危机:佣兵3d》硬汉巴里登场

第1部では宮本さんが「回復術士のやり直し」のセツナ、篠崎さんが「GANTZ」の山咲杏、綺太郎さんが「七つの大罪」のエリザベス、似鳥さんがオリジナルのサキュバスのコスプレなどを披露した。 えなこさんのほか人気コスプレーヤーの火将ロシエルさん、篠崎こころさん、宮本彩希さん、綺太郎さん、“インスタグラビアの女王”とも呼ばれる似鳥沙也加さん、お笑い芸人で「ドラゴンボール」に登場するベジータの物まねで知られるR藤本さんも参加。

チャリティー撮影会の売上金は全額、京都アニメーションや日本赤十字社、動物愛護団体へ寄付するといい、「私たちモデルや参加者の皆さんで協力したもので、すごく気持ちは詰まっていると思いますので、有効に活用していただければなと思います」と語った。 といった形で、上から順番に、滝の水が上から下に流れるように、一貫性を持ってコミュニケーションをとることを意味します。  撮影会は3部構成で、約300人のファンが駆けつけた。

他、ソフマップ撮影会やコスキュート撮影会などコスプレモデルとして活動中。漫画や小説、テレビ、テレビアニメ、映画などの創作物や古来からの伝説や民話などに登場するキャラクター、警察官やフライトアテンダントなど実在する職業の服装を着て成りきります。 そこには、20代の女性が、黒と白のメイド服を着て、膝上25cmほどのミニスカートという装い。以上、18名の参加者を紹介しました。